本文へ
技能実習生向けポータルサイト
ロゴ トップページにリンクします

日本の変わった習慣「お辞儀」



街中で電話をしながらお辞儀をしている日本人を見かけたことはありませんか?お辞儀が習慣化しているため、電話越しの相手にもついお辞儀をしてしまうのです。
そんなお辞儀にはいくつか種類があります。今回はその中でもよく使われる3つを紹介します。

会釈(えしゃく)

軽く挨拶をするときに使います。「おはようございます・お疲れさまです」などと声をかけるときにも使われます。

敬礼(けいれい)

正式なお辞儀です。会釈よりも頭を下げるところが異なる部分です。

最敬礼(さいけいれい)

最も丁寧で深いお辞儀です。主にお客様や上司に対してのお詫びや、感謝を示すときに使われます。


お辞儀は相手や状況に応じて頭を下げる角度が変わります。深刻さや深い感謝などを示す場合になればなるほど、頭を下げる角度が深くなっていくのですね。

日本で暮らした外国人の方は母国へ帰った際、ついお辞儀が癖になってしまった人もいるようです。他にも、日本の独特な文化を見つけたら教えてくださいね。