本文へ
技能実習生向けポータルサイト
ロゴ トップページにリンクします

日本の習慣2 お風呂



日本のお風呂文化は海外にも影響を与えているようです。最近では銭湯や温泉などが注目されています。そこで今回は日本でのお風呂のマナーをいくつか紹介します。

・湯船に浸かるのはシャワーやかけ湯をしてから
 かけ湯とは桶などにお湯をためて身体にかけることです。いきなり湯船に浸かるのではなく、体の汚れや汗を流してから入りましょう。

・湯船で頭や体を洗わない
 日本では湯船の外で全身を洗うのが基本です。それは同じ湯船の湯を他の人も使用するからです。身体をきれいにしてから湯船に浸かるので、海外のように一度使って栓を抜くことはしません。

・衣服を着用したまま入らない
 銭湯や温泉などの場合、スパやプールとは違い水着などの着用は必要ありません。もちろん施設によって異なるので、利用の際は事前に調べておくことをおすすめします。

今回紹介した内容は家庭のお風呂をはじめ、共用の銭湯や温泉などでも最低限必要なマナーです。それぞれのマナーや習慣を少し知っておくといいですね。


Language

2019年6月
« 5月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930