本文へ
技能実習生向けポータルサイト
ロゴ トップページにリンクします

日本の方言「名古屋弁」



名古屋とは、東京から少し西側の愛知県にある町の名前です。今回はその西部で主に話されている名古屋弁について紹介します。

名古屋弁とは

名古屋弁はかつて、歴史上の人物“織田信長”も話していたという歴史があります。その当時は名古屋ではなく「尾張弁(おわりべん)」と呼ばれていました。
また、愛知県の地域によっても話される方言が異なるようです。

  • 三河弁…愛知県の東部
  • 名古屋弁…愛知県の西部

日常的に使われる名古屋弁

  • いかん → だめ
  • ちゃっと → すぐに、急いで
  • でら → とても、すごく
  • のうなる → 無くなる
  • ほかる → 捨てる
  • ようけ、ようさん → たくさん
  • ほんだで → だから

今回もその土地ならではの独特な表現が数多くありました。皆さんの国でも地域によってアクセントや同じ意味でも言葉が違う…なんて経験はありますか?違いを見つけたら教えてくださいね。


Language

2019年11月
« 10月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930