本文へ
技能実習生向けポータルサイト
ロゴ トップページにリンクします

横浜開港記念日



毎年6月2日は横浜開港記念日とされています。今回は開港記念日の由来や、無料でも楽しめる施設・イベントについて紹介します。

記念日の由来

横浜で1859年に日米修好通商条約が結ばれました。この条約が結ばれたのが現在の6月2日ということで、横浜ではこの日を開港記念日と定めています。

無料開放施設

横浜開港資料館、横浜ユーラシア文化館、横浜市歴史博物館、横浜都市発展記念館、本牧・大黒・磯子海づり施設、横浜美術館
※こちらは開港日の6月2日(金)のみ無料開放されます。

第36回横浜開港祭2017

今年も開港祭が横浜で行われます。LIVEやダンスステージ、自転車の正しい乗り方を学べるサイクルピクニックなど、観て体感して楽しめるイベントが開催されます。無料で楽しめるイベントも多数あるので、開港日にはぜひ横浜へ!

  • 期間 2017年6月2日(金)~6月3日(土)
  • 会場 臨海パークおよび21地区(最寄り駅:みなとみらい駅より徒歩10分)
  • 時間 各イベントにより異なります。

  • Language

    2019年2月
    « 1月    
     123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728