本文へ
技能実習生向けポータルサイト
ロゴ トップページにリンクします

「コンセント火災」に注意して!



「コンセント火災」を知っていますか?コンセントを正しく使用していないことで起きてしまう火災のことですが、皆さんはコンセントを安全に正しく使えていますか?

コンセントが原因の火災には以下のようなものがあります。

〇トラッキング火災
差しっぱなしのコンセントとプラグの間にホコリがたまって、そのホコリが空気中の湿気を吸収すると通電・発火して起きてしまう火災。冷蔵庫や洗濯機など常にプラグが差し込まれたままで、湿気が多い場所で起こる可能性があります。

〇タコ足配線火災
複数の電気器具をひとつのコンセントにつないだ状態を、日本では「タコ足配線」といいますが、器具を同時に使用してコンセントの許容量を超えてしまうと過熱し火災につながることがあります。

〇配線コード火災
傷のあるコードを使用する、長いコードを束ねて使用する、これらも火災の原因になります。コードの上に家具など重いものを置くことも非常に危険です。

こういったコンセント火災を防ぐためには、

  • 定期的にプラグを抜いてホコリ掃除をする
  • コンセントの電気量を超える「タコ足配線」はしない
  • 傷のあるコードは使わない
  • コードを束ねて使わない
  • コードの上に重たいものを置かない

といったことに気を付けて、火災が起きないよう予防しましょう。


Language

2020年6月
« 5月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930