本文へ
技能実習生向けポータルサイト
ロゴ トップページにリンクします

マスクの高額転売に気をつけて



ここ最近の新型コロナウィルス流行に伴って、現在マスクが手に入りにくい状態です。店頭で購入できても「1人1つ」など個数制限が設けられています。誰もが必要としていますが、あまり多く手に入れられないのが現状です。

そしてさらに問題になっているのが、マスクの高額転売です。跳ね上がったマスクの需要を狙い、元値の数倍で売りつけるケースが後を絶ちません。実際に、100円のマスクをネットショップで1つ2,000円=20倍で売りつけるケースがありました。ネットショップを利用することは悪いことではありませんが、被害を避けるために定価を把握しておき、個人ではなくメーカーが出品しているものを選ぶようにしましょう。

マスクの品薄が続くのは、マスクの生産工場の多くが中国にあるためです。今までの国内流通の割合としては「中国製7:日本製3」でした。そのため、先日から国内での増産を行っていますが追いつかず、中国の生産分は中国国内の医療現場へ優先的に送られているため、日本への輸出分はそう多くありません。

ウィルスの発生源である中国では、使用済みマスクをかき集めて売っているケースもあるほど悪質化しています。
いろんな情報があり混乱してしまいますが、まずは落ち着いて、マスク以外にも手洗いうがいの対策を怠らないようにしましょう。


Language

2020年3月
« 2月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031