本文へ
技能実習生向けポータルサイト
ロゴ トップページにリンクします

新型コロナとインフルエンザ



寒くなってきましたね。この季節になると流行する感染症といえば「インフルエンザ」。
インフルエンザは毎年11月下旬ころから12月上旬ころに流行が始まり、翌年の1~3月頃にピークをむかえます。感染力が強いため、流行が始まると短期間で感染が拡大します。主な症状は、38度以上の発熱・せき・悪寒・のどの痛み・関節痛・倦怠感・頭痛などです。

現在日本全体で心配されているのが、新型コロナウイルス感染症とインフルエンザが同時に流行することです。新型コロナウイルス感染症とインフルエンザの症状がとても似ているので、的確な診察を受けられなかった場合、重症化してしまうかもしれません。すでに海外では同時に感染した方もいるということで、日本でもそうなる可能性は十分にあると考えられています。


このふたつのウイルスから身を守るには?

新型コロナウイルス感染症対策で、「マスクの着用」「手洗い・うがい」「密を避ける」「アルコール消毒」といったことを皆さん日ごろから心がけていると思います。インフルエンザ予防対策としてもこれらの習慣はもちろん有効です。「go to」キャンペーンなどで気が緩むシーンがあるかもしれませんが、そこはしっかり引き締めて、引き続き対策の習慣を心がけましょう。また、インフルエンザにはワクチンがありますので、近くの医療機関に問い合わせの上、インフルエンザの予防接種を受けることもおすすめします。


Language

2020年11月
« 10月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30