本文へ
技能実習生向けポータルサイト
ロゴ トップページにリンクします

鏡開きについて



新年を迎えた日本では、1月の行事に「鏡開き(かがみびらき)」というものがあります。スーパーなどでも年末から販売されていましたが皆さんご存知ですか?今回は鏡開きについて紹介します。

鏡開きには何をするの?

お正月になると、豊作や幸せをもたらしてくれる「年神様(としがみさま)」がやってくるという言い伝えがあります。その年神様にお供えするのが「鏡餅(かがみもち)」です。

鏡開きは「松の内」の後に行われます。
 ※松の内とは、門松やお正月飾りを飾っておく期間です。
  関東では1月7日、関西では1月15日までとなっています。
鏡開きの日にちは、一般的には1月11日ですが、地域によって異なり、関西では1月15日に行われることが多いです。お雑煮やお汁粉などにして美味しく食べます。

名前の由来については難しいため今回は紹介しませんが、一年間の無病息災(病気をせず、健康・元気でいること)を願うために鏡開きが日本の風習として、今にも残っています。

日本ならではの風習は数多くあります。皆さんの国の風習と似ているものが、もしかすると見つかるかも知れません。何か見つかりましたらコメントでも教えてくださいね。


Language

2019年4月
« 3月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930