本文へ
技能実習生向けポータルサイト
ロゴ トップページにリンクします

紫外線対策



5月は意外と紫外線が多い月というのを知っていますか?夏本番の対策では遅い!ということで今回は紫外線対策について紹介します。

自分に合った日焼け止め

日焼け止めにはSPF値とPA値があります。SPF値は肌が赤くヒリヒリするのを防ぎ、PA値はシミやシワになるのを防ぐ効果があります。どちらも数値が大きいものがより効果も高くなります。生活においての場面に応じて使い分けられるのがベストです。

〈使用するPA値の目安〉

 散歩、買い物、洗濯物を干すときなどの少し日差しを浴びるとき…PA+~++
 海水浴、屋外スポーツ、などの長時間日差しを浴びるとき…PA++~++++

日焼け止めの塗り方

皆さんは日焼け止めを正しい量で塗れていますか?多くの人が必要な量よりもずっと少ない量で使っているようです。顔に塗る場合、クリームタイプなら真珠2粒分、液状タイプなら1円玉2枚分が適切な量です。
また、日焼け止めは刷り込むように塗るのではなく、軽く伸ばして白さが少し残る程度に塗るのがポイントです!

肌の露出を控えましょう

日焼け止めを塗ることも大事ですがそれだけでは対策として不十分です。長袖を羽織るなど、日差しが肌に当たる面積を減らすことも有効です。サングラスや日傘、色の濃い素材の服を身に着けるようにしましょう。

もう既に日傘を差している人を街中で見かけることがありますよね。何事も早め早めの対策は大事です。紫外線が気になる人は早めの対策を、もっとよく知りたい方は調べてみてはいかがでしょうか?


Language

2019年2月
« 1月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728