本文へ
技能実習生向けポータルサイト
ロゴ トップページにリンクします

〈工芸生〉旧古河庭園へ行こう



旧古川庭園は、東京都北区西ヶ原にある庭園です。
元々、古河家の所有地だった場所で、建物も庭園も大正6年に工事した姿を保存している極めて貴重な事例として、国の名勝に指定されている文化財です。
戦後は庭園建物ともに古河家の手を離れ国有となり、大蔵省の所管となりました。
洋館は過去に建物内が非常に荒れ果てた状況となった教訓をふまえ、往復はがきでのみ申し込みをすることができるガイドツアー方式で、見学会を行っています。

薔薇(バラ)園には現在、フランス、イギリス、ドイツ、アメリカ、日本などの国原産の薔薇、約100種199株の薔薇が植えられています。庭園入園後すぐに薔薇の香りが漂ってきます。

薔薇園の奥には、小川治兵衛作の日本庭園が広がっており、心字池を中心に枯滝・大滝・中島を配しています。冬のマツの雪吊とこも巻・ソテツの霜除は風物詩となっています。また夏の大滝の水音と秋の紅葉もおすすめです。
また、京都に多く関東では珍しい崩石積と庭門で仕切られた茶庭の中には、茶室があります。春と秋のみ、抹茶を出しており、お茶席利用のかたのみ入室可能です。

また、園内の売店ではバラアイスやローズジャム、オリジナルポストカードなど、その他色々なものを販売しています。老若男女、どなたでも楽しめる場所なので、この機会に是非足を運んでみてください。

 

利用案内

開館時間:午前9時~午後5時(入園は午後4時30分まで)
※その他詳細等はお知らせやイベント情報のページをご確認ください。

休館日:維持管理の都合上、平成30年12月10日(月)、平成31年1月15日(火)、平成31年2月18日(月)の各日午後12時~17時まで休園いたします。ご注意ください。
年末・年始(12月29日~翌年1月1日まで)

※イベント開催期間及びゴールデンウィークなどで休園日開園や時間延長が行われる場合もあります。
※文化財は後世に残すべき貴重な財産であり、これを守るために定期的な保存修理工事を要します。ご理解とご協力をお願いいたします。
※旧古河庭園は、文化財保護法(第2条)により芸術上又は観賞上価値の高い庭園として、国指定名勝に指定されており、将来の文化向上発展の基礎をなすものであるため、その保存が適切に行われるように、周到の注意をもって多くの方に静かに観賞していただいている施設ですので、ペット連れの入園はお断りしております。

入館料:一般 150円、65歳以上 70円(小学生以下及び都内在住・在学の中学生は無料)
※洋館は別途入館料がかかります。

【20名以上の団体】
一般 120円、65歳以上 50円

※身体障害者手帳、愛の手帳、精神障害者保健福祉手帳または療育手帳持参の方と付添の方は無料
※無料入園日 みどりの日(5月4日)、都民の日(10月1日)

【年間パスポート】
一般 600円、65歳以上 280円 

【9庭園共通年間パスポート】
一般 4,000円、65歳以上 2,000円

【旧古河庭園・六義園共通入園引換券(園結びチケット)】
一般 400円、65歳以上 200円
※「園結びチケット」は期限がございません

庭園ガイドのお知らせ:本園では、下記日時に庭園ガイド(無料)を行っております。土・日・祝日の午前11時と午後2時(約1時間)
※庭園ガイドについては、気象状況等により実施を中止する場合があります。 当日の実施については、旧古河庭園サービスセンターにお問い合わせください。

所在地:公益財団法人 大谷美術館 〒114-0024 東京都北区西ヶ原1-27-39 旧古河庭園内

アクセス:JR京浜東北線 上中里駅 下車 徒歩7分
東京メトロ 南北線 西ヶ原駅 (N15)下車 徒歩7分
JR山手線 駒込駅 下車 徒歩12分
都電荒川線「飛鳥山」下車 徒歩18分
北区コミュニティバス(王子・駒込ルート)20分間隔
JR駒込駅より5分・JR王子駅より20分
  「旧古河庭園」下車
駐車場はございません

旧古河庭園公式サイト→ http://www.otanimuseum.or.jp/kyufurukawatei/