本文へ
技能実習生向けポータルサイト
ロゴ トップページにリンクします

〈工芸生〉日本で気持ちよく温泉につかるために



日本で温泉に入ったことはありますか?温泉では、回りの人から注意はされないけれど、実は気にされている温泉ならではのマナーがあるのです。不思議に思うかもしれませんが、より気持ちよく温泉を楽しむために、ぜひ知っておいてほしいことを紹介します!

持ち物

温泉に行く際、タオルが貸し出されていたり、備え付けのシャンプー、ボディーソープがある場合もありますが、基本的にもって行かなければならないものがいくつかあります。
それは

  • バスタオル
  • 体を洗うタオル
  • 着替え(温泉に入る前と後で同じものを着るのであれば不要)
  • シャンプー、ボディソープなど

特にバスタオルは絶対に持っていくようにしてください。温泉から上がり脱衣所に出るときに体が拭けず寒い思いをするなどと、悲しい出来事のないように温泉に行く前に必ず確認してください。

湯船に浸かるまで

温泉といえば、湯船に浸かってゆっくり時を過ごしたいですよね。しかし、浴場に入ってすぐに湯船に浸かってはなりません。湯船に浸かる前にまずシャワーで髪と体を洗わなければなりません。シャンプー、ボディソープなどを使い体と髪を洗いましょう。
体と髪を洗い清潔な体になったので、ゆっくり気持ちよく湯船に浸かり、日々の疲れを取ってください。温泉にはそれぞれ地域ごとにお湯の特性があり、様々な効果が期待できます。その効果についてはまた今度ご紹介させていただきたいと思います。


Language

2019年3月
« 2月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

最近の投稿