本文へ
技能実習生向けポータルサイト
ロゴ トップページにリンクします

外国人技能実習生制度とは?



外国人技能実習生制度とは?

開発途上国等には経済発展・産業振興の担い手となる人材育成を行うために、先進国の進んだ技能・技術・知識を修得させようとするニーズがあり、我が国ではこのニーズに応えるため諸外国の青壮年労働者を一定期間産業界に受け入れて産業上の技能等を修得してもらうという制度です。
この制度は技能実習生への技能等の移転を図り、その国の経済発展を担う人材育成を目的としたもので、我が国の国際協力・国際貢献の一翼を担っています。

この制度の利用により以下に役立ててもらいます。

  1. (1)修得技能と帰国後の能力発揮により、自身の職業生活の向上や産業・企業の発展に貢献
  2. (2)母国において、修得した能力やノウハウを発揮し、品質管理、労働慣行、コスト意識等、事業活動の改善や生産向上に貢献
  3. (3)我が国の実習実施機関等(企業)にとっては、外国企業との関係強化、経営の国際化、社内の活性化、生産に貢献
gazo_How to-01

日本の企業にとっても少子高齢化に伴う生産労働人口の減少という現実に対し、若い労働力を一定期間確保ができ、安定した雇用が見込めるメリットがあります。

gazo_How to-02

Language

2019年4月
« 3月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930