本文へ
技能実習生向けポータルサイト
ロゴ トップページにリンクします

意外と知らない電池のこと④ボタン電池



電池のことでご紹介は4回目。今回は「ボタン電池」についてです。
ボタン電池とはボタンのように小さくて丸い形状の電池で、コイン電池・マメ電池ともいいます。

使用上の注意に関しては乾電池・充電池と同様ですが、特に気をつけたいのは保管と捨て方についてです。ボタン電池は、表裏ともに全面が電極になっているので、複数個をむき出しのままで一緒に保管しておくと、面が重なり合って電気が流れ破裂する恐れがあります。使用途中のものを保管する場合は、全体にテープを貼るなどして電極同士が触れないようにしてください。また、捨てる時にも同様にしてから捨てるようにしてください。

ボタン電池はその形状から、+と-を逆にして入れてしまうことがあります。とても危険なことですので、表示をしっかりと確認してから機器に入れるようにしてください。
また、ペンライトやおもちゃにもよく使用されています。大きさと形状から、乾電池と比べて赤ちゃんが口に入れてしまう可能性が高いので、赤ちゃんの近くには絶対に置かず、おもちゃなどは簡単にボタン電池が取り外せる構造になっていないかを確認しましょう。

ボタン電池は不燃ゴミとして捨てることもできますが、リサイクルもできます。電器店・時計店・カメラ店などには「ボタン電池回収缶」が置かれているところがありますので、回収の際には全体にしっかりとテープなどを貼ってから缶に入れてくださいね。


Language

2020年9月
« 8月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930