本文へ
技能実習生向けポータルサイト
ロゴ トップページにリンクします

かかりつけ医をもちましょう



「かかりつけ医」とは、ちょっとした体調不良の時や日頃の健康管理などでお世話になる、街のお医者さんや医療機関です。
例えば、風邪をひいた時や予防接種を受ける時、持病で通院が必要な時などにかかりつけ医がいると、気軽に受診できます。

「病院に行くなら大病院の方が安心だ」と考える人も多いですが、実際はそうとも限りません。大学病院や都道府県立病院など設備の整った大病院は、難病や高度な検査・治療を必要とする患者が対象です。そのため、他の方より軽症の患者さんが受診すると、何時間も待たされてしまいます。そのうえ、大病院を受診する場合は紹介状がないと高い初診料がかかります*。

*大病院の初診料……5,000円〜
中小病院の初診料…860円(3割負担時)

大病院よりも通いやすく、待ち時間が比較的少ないため受診しやすいのがかかりつけ医です。基本的に自宅から近いお医者さんを選びます。
また大病院へ行かなければいけないような病気の時も、かかりつけ医がいれば紹介状を用意してくれるので、大病院での受診がしやすくなります。

みなさんも軽い病気や怪我の時はなるべく近くの病院へ行き、かかりつけ医をもつようにしましょう。


Language

2020年9月
« 8月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930