本文へ
技能実習生向けポータルサイト
ロゴ トップページにリンクします

歯ブラシで掃除をしよう



みなさんは掃除の時に「歯ブラシ」を使っていますか? 使い古しのものを掃除用として活用します。細かいところの掃除にぴったりなので、とても重宝しますよ。

① 水周りのぬめりや汚れ
シンクの排水口のぬめりは、歯ブラシでこすると簡単に落ちます。またお風呂の蛇口やシャワー、床の溝にも使えます。細かいところまで汚れを落として、水で流しましょう。

② 角やすき間のホコリ取り
窓のサッシやドアの溝などにたまるホコリも、歯ブラシで簡単にかきだせます。乾いた状態で溝に沿って使いましょう。また、素材が木など柔らかいものの場合は柔らかめのブラシを使うと傷がつきませんよ。

③ コンロ周り
スポンジでは落としにくい汚れも、歯ブラシでこすりましょう。五徳などの角の汚れまでしっかり落とせます。洗剤とうまく合わせて、頑固な汚れを撃退しましょう。

歯ブラシはとても便利ですが、だんだん毛先が広がってきてしまいます。そんな時は、広がった部分のみカットすればまだ使えますよ。また掃除の後は、歯ブラシの汚れもしっかり落としてあげましょう。


Language

2022年9月
« 8月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930