本文へ
技能実習生向けポータルサイト
ロゴ トップページにリンクします

効率的な水分補給



関東地方では梅雨入りの前に、暑い日が続いています。暑くなってきて注意が必要になるのが「熱中症」。水を飲んでおけば大丈夫でしょ? と思いがちですが、単純にそれだけではダメなのです。

そこで今回は、効率的な水分補給の仕方をご紹介します。

まず、人は尿や呼吸などで1日に約2.5リットルの水分を体内から出しています。暑くなるとそれに加えて汗をかくので、意識して水分を補給する必要があります。一度に大量の水を飲むと、体内のバランスが崩れて体調不良となってしまうことがあるので、かいた汗の量を目安にしてこまめに補給し、また塩分も摂取することが大切です。

大量に汗をかいたときに水だけを飲んだ場合、血液のナトリウム濃度が薄まり、それ以上薄まらないようにと水を飲みたくなくなり、さらには余分な水分として尿となって排出されてしまいます。これによって水を飲んだにもかかわらず熱中症になってしまうことがあるのです。

日本スポーツ協会では、熱中症予防の水分補給には「0.1~0.2%の食塩と糖質を含んだ飲料」を推奨しています。スポーツドリンクでもいいですし、自分で作る場合は、水1リットルに対して1~2グラムの食塩(ティースプーンに半分くらい)と、甘くなりすぎない程度の砂糖を加えればOKです。

わたしは息子に毎日麦茶を持たせていますが、これからは麦茶にも塩と砂糖を加えて熱中症予防に努めたいと思います!


Language

2021年6月
« 5月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  

最近の投稿