本文へ
技能実習生向けポータルサイト
ロゴ トップページにリンクします

普通に生活していても



騒音になっているかもしれません

以前、実習生が住んでいる部屋がうるさいとクレームがあった記事を掲載しました。クレームの理由は声のボリュームでしたが、実は声のボリューム以外にも、騒音のクレームになってしまうかもしれないものがあります。騒音クレームになるかもしれない音と気をつける点をいくつか紹介します。

 

① 洗濯機、掃除機などの生活家電の音
生活をする上で必ず使用しなければいけない生活家電ですが、この音がうるさいとトラブルになることがあります。家電の音は自分でどうにかなるものではありませんが、使用する時間を「朝早い時間」や「夜遅い時間」を避けましょう。

② テレビやラジオ、音楽の音量
部屋の壁が薄いと隣の部屋のテレビの音が聞こえてくることがあります。先ほどと同様に「朝早い時間」や「夜遅い時間」は昼間の時間よりも少しだけ音量を下げてみてください。

③ ドアや窓を開閉音
あまり気になっていない人が多いかもしれませんが、実は開閉時の音は響きます。音と一緒に振動も伝わってくるので足音と同じくらい気になるかも知れません。開閉時はなるべくゆっくり、静かに行いましょう。

ベトナムに住んでいる時は普通だったことも、日本では近所迷惑になってしまうこともあります。日本での生活にあわせるためにも今回の記事を参考にしてみてください。

過去に紹介した騒音クレームの記事はこちら
http://tkg-rice.com/event/life/201907-036


Language

2020年9月
« 8月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  

最近の投稿