本文へ
技能実習生向けポータルサイト
ロゴ トップページにリンクします

季節を表現する言葉・4月



例年より早い桜の開花、季節外れの雪などありましたが、日本では4月から新年度となるので、暖かさも手伝ってウキウキワクワクを感じる、4月。なぜ日本では4月からが新年度となるのかきちんとした理由があると思いますが、個人的には満開の桜を見るとやる気・勇気・パワーが湧いてくるからではないかと感じています。それでは、今月も季節の言葉をご紹介します。


  • 卯月(うづき)
    旧暦(きゅうれき)で4月のこと。「卯の花(ウツギとうい花の別称)が咲く月」が由来ではないかと言われています。

  • 芳春(ほうしゅん)
    花の盛りの春

  • 春色(はるいろ)
    春を連想させる色。桜色や若草色など。「しゅんしょく」と読むと、春の景色を表す言葉になります。

  • 清和(せいわ)
    空が晴れのどかなこと。またそのような季節。

  • 日永(ひなが)
    春になって昼間の時間が長く感じられること

  • 春茜(はるあかね)
    春の夕暮れどきのあかね色の空

  • 花曇り(はなぐもり)
    桜の咲く頃の、曇りがちのお天気

  • 花冷え(はなびえ)
    桜の咲く頃に、寒さが戻ること

  • 春愁(しゅんしゅう)
    春の日に、なんとなくわびしく気持ちがふさぐこと

  • 晩春(ばんしゅん)
    春の終わりのころ

Language

2020年10月
« 9月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031