本文へ
技能実習生向けポータルサイト
ロゴ トップページにリンクします

ベトナムのお盆 【鬼月・ブラン祭(Vu Lan)】



昔から「お盆が過ぎると涼しくなる」といいますが、まだまだ暑い日が続いていますね。

そのお盆についてですが、日本は旧暦(旧盆)の7月15日、新暦(新盆)8月15日と地域によって時期が異なります。仏教徒の割合が多いベトナムにもお盆はあり、旧暦の7月15日に行われるそうです。そして旧暦7月は「鬼月」と言われています。先祖の霊と一緒に悪い霊(鬼?) も舞い戻り、自由に徘徊する月という意味だそうです。

日本のお盆は、お墓参りに行くのが一般的ですね。一方のベトナムも、日本と同様でお供え物として、お香・ロウソク・お菓子など準備します。それ以外にも鶏肉、豚肉、豆腐、落花生など準備するのですが、鬼へのお供え物でもあるのです。鬼が現世で悪さをしないように、という意味がこめられています。

ベトナムでのお盆「ブラン祭(Vu Lan)」の過ごし方は、お墓を訪れ祖先に感謝し、お寺では僧侶の読経やお香を焚くなどし、鎮魂の儀式が行われます。

鬼月の7月に「やるべきこと・やるべきではないこと」があるようなので、ご紹介します。

やるべきこと

  • 菜食を心かける
  • チャリティーに参加する
  • お墓参りをする
  • 殺生を控える
  • 問題を起こさず、穏やかに楽しく過ごす

やるべきではないこと

  • 枕元に風鈴を吊るす → 風鈴の音は幽霊を呼び寄せるため、人が寝ている時に鳴ると家に侵入されてしまいます。
  • 夜間の外出や撮影
  • お供え物を勝手に食べる、燃やす → 誰の許しもなく盗れば、災難に見舞われるとされています。
  • 夜に洗濯物を干す → 幽霊が服に憑りついてしまいます。
  • ご飯茶碗に箸を指す → お供え物だと勘違いした幽霊が食べにきます。

まだまだあるようですが、やってもやらなくても生活に支障はありません。ただベトナムでは大切な文化として受け継がれています。

今年の鬼月はどう過ごしましたか?


Language

2020年9月
« 8月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  

最近の投稿