本文へ
技能実習生向けポータルサイト
ロゴ トップページにリンクします

〈工芸生〉そうめん



そうめんは古くから日本で食べられている小麦粉で作られた麺です。そうめんは一年中食べられて、安く美味しいので私は大好きです。その美味しさを知ってもらいたいので、今回はそうめんの情報や基本的な調理の仕方、食べ方をご紹介します。


おすすめのそうめん

私のおすすめのそうめんは「揖保の糸」というそうめんです。全国のスーパーマーケットに売っているので手に入り易く、一袋に3束入って、約350円で売っています。滑らかな舌触りと麺の太さが細いのが特徴で、スルッと食べられ麺つゆとの相性が抜群です。


そうめんの食べ方

基本的にそうめんと麺つゆを組み合わせて食べますが、そこに薬味や調味料を入れていろんな味で楽しむことができます。私は薬味などの他に、余ったおかずの肉や野菜の炒め物も一緒に入れて食べています。そうめん自体は味があまりないので、何かと組み合わせて食べることが多いです。 また、冬に麺つゆとそうめんを一緒に火に通して、暖かい状態で食べるそうめんを「にゅうめん」とも言います。冬に食べると体が暖かくなって元気になります。 加えて、夏になると流しそうめんをする人もいます。流しそうめんとは半分に割った竹に水とともに流れていくそうめんを掴んで食べていくもので、そうめん以外にもフルーツや違う食べ物を流して楽しんだりもできる季節の風物詩です。


薬味や調味料

よく入れる薬味……大葉、みょうが、ねぎ、生姜、ゆず

よく入れる調味料…七味唐辛子、すりごま、ラー油


そうめんの茹で方(1人分)

  • 1、鍋に1Lの水を入れて、沸騰させます。
  • 2、沸騰した後、中火にして、そうめん2束をバラバラと入れます。
  • 3、2分間茹でます。(その時に吹きこぼれる可能性があるので蓋はしないでください。また吹きこぼれそうになったら、火を弱くしてください。)



  • 4、茹でた後、素早くざるにそうめんを入れて、水を切ります。
  • 5、冷水でそうめんを揉み洗いします。
  • 6、麺が冷たくなったら、再び水を切って、お皿にそうめんを移します。

麺つゆの作り方(1人分)

「夏の場合」器に市販の麺つゆを大さじ1.5入れます。そこに水を120ml入れた後、氷を3個ぐらい入れます。 キンキンに冷えて、美味しいです。

「冬の場合」器に市販の麺つゆを大さじ1.5入れます。そこに暖かいお湯を180ml入れます。 暖かくて美味しいです。



にゅうめんの作り方(1人分)

  • 1、鍋に250mlの水を入れます。
  • 2、鍋の水が沸騰しない程度に温かくなってきたら、茹で終わったそうめんを鍋に入れます。
  • 3、そこに40gの麺つゆを入れます。
  • 4、卵一個をかき混ぜたら、鍋の中に入れます。
  • 5、ねぎを輪切りに切って、自分のお好みの量を入れます。

今回はゆずの皮を少し入れました。これは香りが良くて、にゅうめんと合うので、入れて食べて欲しいです。


これらは私の家での作り方なのですが、とてもおいしいので作って食べてみて欲しいです。今は冬なので、暖かいにゅうめんを食べることをおすすめしますが、夏になったら冷えたそうめんも是非体験してください。


Language

2021年9月
« 8月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

最近の投稿