本文へ
技能実習生向けポータルサイト
ロゴ トップページにリンクします

祝儀袋のマナー



前回、祝儀袋の選び方をご紹介しましたが、今回は実際にお渡しする際のマナーについてご紹介します。


御祝事の場合

水引の下、中央に毛筆や筆ペン等を使用し濃墨でフルネームを書きます。ボールペンや万年筆などは使いません。ご夫婦の場合は連名で書きます。お札は必ず新札を用意します。すべて表向きに揃えて人物の顔が上になるように中袋に入れます。中袋の表面に「金○萬圓也」と金額を、裏面に住所氏名を書きます。上包みに中袋を入れて包みの下折が上になるように閉じます。


弔事の場合

弔事の場合、薄墨でフルネームを書きます。お札は裏向きにして人物の顔が下になるように中袋に入れます。新札の場合は一度二つ折りにし、折り目をつけてから入れます。中袋の裏面右側に金額、左側に住所氏名を書きます。上包みに中袋を入れて包みの上折が上になるように閉じます。

御祝事も弔事も、金額の数字は容易に書き換えることを防ぐために旧字を使用します(四と九は封入金額として不向きとされています

一 → 壱  二 → 弐  三 → 参  五 → 伍  六 → 六
七 → 七  八 → 八  十 → 拾  万 → 萬  円 → 圓


Language

2022年9月
« 8月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930