本文へ
技能実習生向けポータルサイト
ロゴ トップページにリンクします

手話について学んでみよう



皆さんは手話をご存知でしょうか? 手話とは声の代わりに手を使って言葉を伝える方法です。しかし日本語の単語を手話に置き換えるだけでは通じるわけではなく、手話独自の文法が存在します。他にも、目や眉、口や顔の表情、体の動きなども手話表現にはとても重要な役割があります。世界各国で手話表現は異なりますが、今回は日本の手話表現の中で日常的に使える挨拶の仕方の手話をお教えします。


おはようございます

① 握った手を右手の顔の横に置き、そのまま肘を下げる。
② 両手の人差し指を向かい合わせて立て、礼をするように折り曲げる。


こんにちは

① 人差し指と中指を立てて眉間に当てる。 ② 両手の人差し指を向かい合わせて立て、礼をするように折り曲げる。


こんばんは

① 肩のあたりで開いた両手を中央で軽く交差させる。
② 両手の人差し指を向かい合わせて立て、礼をするように折り曲げる。


この動作一つ一つにも意味があり、
『おはようございます』は朝起きて枕を取るしぐさ
『こんにちは』は12時の秒針を示すしぐさ
『こんばんは』は日が落ちてカーテンを閉めるしぐさ
などがあります。

ただその動作をするのではなく意味を考えながら楽しく手話をやってみましょう!


Language

2020年9月
« 8月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930