本文へ
技能実習生向けポータルサイト
ロゴ トップページにリンクします

「上手に部屋干し」してますか?



関東では例年、そろそろ梅雨明けの頃ですが今年はどうでしょうか? 雨の日が続くと困るのがお洗濯。外には干せないのでお部屋に干している方も多いかと思いますが、生乾きや臭いが気になりますよね。

実は梅雨の時期に限らず上手に部屋干しをすることで、外干しでは気になる花粉や大気中の汚染物質から、衣類を守れるといったメリットもあります。

部屋干しの際に感じる「臭い」の原因は雑菌が繁殖することによるものなので、雑菌を繁殖させずに短時間で乾かすことができればこの臭いはなくなります。


雑菌を残さず早く乾かすポイント

1. 洗濯機は清潔にしておく
洗濯槽に雑菌が残っていると、洗濯しても衣類に雑菌が付着してしまいます。洗濯後はふたをあけたままにして内部を乾燥しておく、そして定期的に洗濯槽クリーナーで内部の洗浄をしましょう。

2. 洗濯が終わったらすぐに干す
洗濯が終わっても洗濯槽の中に放置せず、すぐに干すようにしましょう

3. カーテンレールには干さない
洗濯物をカーテンレールに干している人も多いかと思いますが、カーテンが湿るとカビなどの原因にもなります。そこにまた洗濯物を干せば、カーテンからカビが移ってしまいます。

4. 洗濯物は間隔をあけて干す
風通しをよくするために間隔をあけて、タオルなども重ならないように工夫して干しましょう。ズボンなどもピンチで筒状にして干すと早く乾きます。

5. 除湿をしながら風をあてる
エアコンや除湿機で部屋を除湿し、洗濯物には扇風機などで風をあてます。最近では除湿機とサーキュレーターが一体となった、部屋干しに特化した家電もあります。我が家ではエアコンに取り付けられる、物干し棒を使用しています。


こうすることで、部屋の中でも快適に洗濯物を乾かすことができます。雨がつづくこの季節でも、上手に部屋干しをしてみてください。


Language

2020年9月
« 8月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930