本文へ
技能実習生向けポータルサイト
ロゴ トップページにリンクします

安物買いの銭失い



「安物買いの銭失い(やすものがいのぜにうしない)」とは、金額の安いものを買うと、品質が悪かったり、すぐに買い替えが必要だったりで、かえってお金がかかり結局は高くなってしまう、という意味のことわざです。

わたしは、このことわざ、よく思うことがあるんです。

例えば、あるものが欲しいな、と思っている時にそれと似た商品を100円ショップで見かけると、「え!これって100円で買えるんだ!じゃあ買っちゃおう!」と買ってみたところ、そこは100円の商品。質も機能も望んでいたものとは違い、結局欲しいと思っていたものも買うことになってしまった。とか、普段ほとんど食べない珍しい食材が特売になっていたから、食べるかもしれないと買ってみたけど、結局食べないままに賞味期限が過ぎてしまった。とか。
あ~あ、また、安物買いの銭失いだ、と後悔しています。

金額が安いと、ついつい軽い気持ちで買ってしまいがちですが、本当にそれが自分にとって必要なのか、品質や機能なども自分が満足できるものなのかを、ちゃんと考えて賢いお買い物を心がけたいものです。


Language

2021年7月
« 6月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

最近の投稿