本文へ
技能実習生向けポータルサイト
ロゴ トップページにリンクします

道を誰かに聞くときは



先日、ベトナムから日本へ来たばかりの男性に道を聞かれました。場所を説明するのは難しいと感じたため、目的地まで一緒に行きました。目的地にたどり着けたのには男性がある工夫をしていたからです。今回はベトナム人男性がしていた道の聞き方を紹介します。


スマホの地図を見せる

日本語がうまく話せないと道を聞くのも大変です。そんなときは目的地を示した地図を見せましょう。相手は「ここに行きたいのかな」と察してもらえる場合もあります。その後は状況によりますが、近くであれば目的地まで連れて行ってくれるかもしれません。


「目的地名」「行きたい」「教えてほしい」

地図を見せるのと合わせて、最低限覚えておきたい日本語が「目的地名」「行きたい」「教えてほしい」の3点です。これが日本語で話せれば目的地までたどり着けるはずです。少なくとも目的地の名前だけ出かける前に確認しておきましょう。


日本人も急いでいなければ話を聞いてくれる人もたくさんいるはずです。駅にいれば駅員の方に、近くに交番があればお巡りさんに聞けば、必ず助けてくれます。慣れない日本語でも勇気を出して使ってみてください。困ったらスマホを利用するのも賢い方法ですよ。


Language

2020年10月
« 9月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031