本文へ
技能実習生向けポータルサイト
ロゴ トップページにリンクします

不在票 ~日本郵便の場合~



実習生の皆さんが日本に来て困ったことの中に、「不在票」がありました。仕事から帰ってくると自宅のポストに「不在票」が入って、どうしていいのかわからないそうです。

 

まず不在票とは・・・

自宅に荷物を配達された時に、いなかった・出られなかった時にポストに入るものです。「配達に来ました、再配達の日を決めて連絡ください。」という紙です。日本郵便の不在票は三種類ありますが、一般的な不在票を説明しますね。

見たことある人いるかと思いますが、こちらが不在票。日本郵便の不在票を説明します。

① PC・携帯・スマートフォン受付
こちらは不在票に添付されているQRコードを読み取ると簡単に再配達を申込みができます。

② 24時間自動受付
日本語がある程度理解していれば、利用できますね。自動音声に従ってボタンを押していけばいいのです。日本音声で聞きにくい場合もあるかもしれません。

③ 郵便・FAXによる受付
これは再配達して欲しい日付と時間を書いて、ポストに入れるかFAXするかとても簡単ですね。

④ 窓口での受け取り
郵便局で受取れるのですが、事前に「お問い合わせ先」に連絡をしなければいけません。(日本語のみ)窓口に行く時は、印鑑や在留カード・健康保険証(本人と住所が確認できるもの)など身分を証明できるものが必要になります。

この中で利用するなら①か③でしょうか。
不在票も期限があります。期限までは近くの郵便局で預っていますが、過ぎてしまうと送り主に戻ってしまいますので気をつけてくださいね。

この不在票がわからないからと捨ててしまう方がいるようです。ネットでの買い物などで届く場合もあります。まずは捨てないで連絡してみましょう。


Language

2020年10月
« 9月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031