本文へ
技能実習生向けポータルサイト
ロゴ トップページにリンクします

意外と知らない電池のこと② 使用上の注意点



日常生活で何気なく使っている電池。前回は「アルカリ乾電池」と「マンガン乾電池」の違いについての記事でしたが、今回はその使用上の注意点についてご紹介します。
電池は使い方を間違えると、発熱や液漏れ・破損などで怪我をしてしまう場合もあり、機器の故障の原因にもなります。下記のことを守り安全に使用しましょう。

1.乳幼児の手の届かない所で保管する
間違って飲みこんでしまった場合はすぐに医師に相談してください。大変危険なことです。

2.液が漏れたときは素手で液をさわらない
もし皮膚や衣類についてしまったら、水道水などのきれいな水で洗い流してください。また、目に入ると失明などの恐れもあります。すぐにきれいな水で洗い流し、医師の診察を受けてください。

3.プラス極(+)マイナス極(-)を逆に使わない
機器の表示や形状を確認し、正しく入れましょう。

4.装填の際はマイナス側から入れる
マイナス側接点をスプリングに押し当てながら入れるのが正しい入れ方です。

5.種類・銘柄・新旧を混ぜて使わない
アルカリ乾電池とマンガン乾電池を同時に入れてはいけません。また、銘柄も同じものを使用します。1本は新しいもので他は使いかけの電池、などと混ぜて使うことは非常に危険です。電池を交換する時は種類・銘柄をそろえてすべて新しい電池に交換してください。

6.金属製品と一緒にしない
クリップやネックレス・カギなどの金属製品と一緒にポケットに入れて保管はしないでください。金属は電気を流すためショートして発煙・発火の恐れがあります。

7.乾電池を火の中に入れる、加熱・分解・改造をしない。また、水でぬらさない

8.使い切ったとき・長時間使用しない時は、機器から取り出す
入れっぱなしは液漏れの危険性があり、機器の故障の原因にもなります。

9.捨てる時には電池同士が接触してショートしないように、プラス極・マイナス極にテープなどを貼って絶縁する

いかがでしょうか?わたしはこの記事を書きながら、捨てようと袋にまとめておいた使用済み乾電池を思い出しました。中を見ると、いくつかの乾電池が液漏れして非常に危険な状態。絶縁テープなどで電流を遮断していませんでした。この絶縁テープはホームセンターや100円ショップ売られていますので、 ぜひ使用済みの乾電池に利用してください。
乾燥しているこの季節はちょっとした不注意で火事になってしまうこともあります。取扱説明書を確認し、正しく安全に使用しましょう。


Language

2022年9月
« 8月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930