本文へ
技能実習生向けポータルサイト
ロゴ トップページにリンクします

冬でもしっかり水分補給を



さて、気がつけばもう12月。寒くなりましたね。皆さんは最近水分補給していますか? 夏は暑くて自然と水分補給をしていましたが、寒くなると減ってきてはいませんか?

実は、体内から排出している水分量は季節が変わってもそれほど変わりません。汗をかかなくても、乾燥により皮膚や呼気から排出される水分量は増えます。冬も夏と同じくらいの水分が排出されているのなら、同じくらいの水分を補給する必要があるのです。


風邪の予防にも水分補給が大事

風邪やインフルエンザの原因となるウイルスは、乾燥した状態ですと活発になります。逆に湿度が50%以上になると活動が急激に低下します。室内では加湿器を使用される方も多いと思います。体内にも水分補給をすることで、喉や鼻の粘膜をうるおしてウイルスの侵入を防ぐことができると同時に、侵入してしまったウイルスを痰や鼻水によって体外に排出するのを助けます。また、風邪をひいてしまった場合、発熱・下痢・嘔吐などの症状で水分が多く排出されますので、いつも以上に水分補給をしましょう。

「食事のときや起床時、就寝前などに1日8回、コップ1杯程度の水分」が水分補給の目安だそうです。
しっかり水分補給をして、寒い冬も健康に過ごしましょう。


Language

2022年9月
« 8月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930