本文へ
技能実習生向けポータルサイト
ロゴ トップページにリンクします

「お札」が変わる 1



2024年7月3日に、日本のお札が約20年ぶりに新しくなります。誰もが使いやすいデザインを目指していろいろな工夫がされているそうです。


その① 見やすく

お札の額が誰が見てもすぐに分かるように、これまでの漢数字(壱万円・五千円・千円)からアラビヤ数字(10000・5000・1000)になり、表面だけでなく裏面にも大きく表記されます。また、1万円札と1000円札の「1」の書体を別々にすることで、さらにわかりやすくなるようにしています。


その② さわってわかる

目の不自由な人が指でさわって違いがわかるように、インキを高く盛り上げる印刷方法で、さわるとザラザラとした感触がある「識別マーク」を取り入れています。それぞれのお札でマークの位置を変えることで識別できるようにしています。

デザインの他にニセ札を作らせないための防止技術も新しくなっています。今のお札よりもさらに高精細な「すき入れ」を採用し、光にすかすと見える肖像のまわりに細かい連続模様が入っています。また、ストライプ型のホログラムも新たに採用し、3Dで表現された肖像画回転しているように見えます。この技術がお札に使われることは世界初のことだそうです。これまでの防止技術も継続して採用されています。次回は、それぞれの額の肖像になった人物について紹介します。


Language

2024年6月
« 5月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

アーカイブ