本文へ
技能実習生向けポータルサイト
ロゴ トップページにリンクします

〈工芸生〉ファーブル昆虫館 「虫の詩人の館」



「昆虫記」で有名なフランスの博物学者アンリ・ファーブルについて取り扱った博物館を紹介します。この博物館は、今の子供たちがより自然と親しめるようにと日本アンリ・ファーブル会によって設立されました。

アンリ・ファーブルとは?

南フランスの寒村サン・レオンに生まれ、3歳のとき山村にある祖父母の元に預けられ、大自然に囲まれて育った。7歳の時祖父母のいるマラヴァルから呼び戻され、父母と弟のフレデリックの4人で暮らせる様になり、小学校に入学した。父の家業が失敗し、14歳で学校を中退するが、師範学校を出て中学の教師になり、物理学、化学の普及書を著した。セリニアンで暮らし、様々な昆虫の観察を行い、それらをまとめて発表したのが『昆虫記』である。
ファーブルが生きていた当時、彼の業績は祖国フランスではあまり理解されなかった。しかしその後『昆虫記』は世界中で翻訳されて注目を浴び、文章の魅力もあいまって業績が評価されていった。ファーブルの開拓した行動学的研究は、その後フランスよりもドイツ語圏、あるいはオランダ語圏の研究者に継承されて発展を遂げることになった。また、古くからの昆虫愛好文化をもつ日本でも読まれ、昆虫学の普及に役立ちました。(Wikipediaより)

入館の案内

*開館日 土曜日、日曜日
*開館時間 13:00~17:00
*入館料 無料
*アクセス JR山手線・京浜東北線「西日暮里駅」「田端駅」より12分、東京メトロ千代田線「千駄木駅」1番出口より徒歩12分、南北線「本駒込駅」2番出口より徒歩12分

見て触って楽しめる展示!

ファーブル館は1階と地下1階が見学でき、1階は昆虫標本を展示しており、日本ではなかなか見ることのできない、昆虫を数多く見ることができます。地下1階では標本や昆虫に関する蔵書の他、ファーブルが暮らした南フランスの当時の家を再現した空間もあります。

楽しい体験教室!

ファーブル昆虫記念館では、昆虫採集会や昆虫標本制作体験、などの体験教室を定期的に開催しています。昆虫採集会は関東近郊の森林に集合し、スタッフの方の説明を聞きながら昆虫を採集します。昆虫標本教室はファーブル会のほうで材料をすべて準備してもらえて、毎度難易度を決め開催されますが、初心者のもわかり易くスタッフが丁寧に教えてくださるので完成度の高い作品を作ることができます。


Language

2020年10月
« 9月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

最近の投稿