本文へ
技能実習生向けポータルサイト
ロゴ トップページにリンクします

旬の青果「ほうれん草」1月編



1月の旬の青果はほうれん草について紹介いたします。

 

ほうれん草について

旬の時期は、まさに今が最もおいしい時期です。ほうれん草は11月~1月の冬の時期に最も栄養を含み、甘みも強くなるのが特徴です。ほうれん草にも実は種類があります。

  • 東洋種:葉っぱの切れ込みが深く、とがった形をしている。アクが少ない。
  • 西洋種:葉っぱの切れ込みが無く、丸い形をしている。アクが多い。

店頭でどちらの種類かチェックしてみてください。

 

ほうれん草の選び方・保存方法

【選び方】

  • 葉っぱが濃い緑色
  • 葉っぱの厚みのあるもの
  • 根っこがふっくらとしていると甘みがある

 

【保存方法】
ほうれん草は乾燥に弱いため、濡らしたキッチンペーパーや新聞紙などでくるみ、保存袋に入れて冷蔵庫の野菜室で保存しましょう。
ポイントは根っこの方を下にし、立てて入れられるとより鮮度を保つことができます。

日本ではよくみそ汁やスープの具材に、おひたしにすることがあります。皆さんはいつもどのようにして食べていますか?アクがあるほうれん草はよく洗い、多めの水でさっと茹でて冷水にくぐらすと美味しく食べられます。ぜひ今が旬のほうれん草を食べてみてください。


Language

2019年4月
« 3月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930