本文へ
技能実習生向けポータルサイト
ロゴ トップページにリンクします

春の天候と体調①



日本の春は天候が変わりやすい時期で、晴れの日と雨の日が交互になったり、前日との気温差が10度以上ある日などがあったりします。

例えば、昨日は22℃あったのに今日は15℃、という寒暖差が激しい時は体調を崩しやすいですよね。特に「暖かい→寒い」のパターンで不調になりやすいとされます。
このような時は、温度の変化に対応しようと身体が普段以上のエネルギーを使ってしまい、疲れがたまりやすくなっていて以下の症状が出やすいです。

  • 疲れやすい、だるい
  • 免疫が落ち、風邪をひきやすくなる
  • 便秘、下痢、腹痛など胃腸が弱る
  • 肩こりや腰の痛み
  • 身体が冷える
  • 寝付きが悪くなる

このような時は、主に身体を温めることで解消できます。

  • 脱ぎ着しやすい上着を常備する
  • 目元をあたためる
  • ぬるめのお風呂に入る
  • 首元をあたためる

などが効果的です!是非お試しください。
次回は、気圧が体調に及ぼす影響と対策をご紹介します。


Language

2020年11月
« 10月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30