本文へ
技能実習生向けポータルサイト
ロゴ トップページにリンクします

自転車も危険!路面凍結



みなさんは自転車に乗っていますか?
わたしは、子どもの送り迎えや通勤・買い物などのために、ほぼ毎日自転車に乗っています。

今の季節、冷え切った朝に自転車に乗る場合、寒さの他に注意することがあります。それは「路面凍結」です。雨が激しく降ったり雪が積もったりした時は、乗車を控えると思います。しかし雨や雪が降っていなければ、いつも通りに自転車に乗ってしまいますよね。でも路面が濡れている場合、気温が2℃あっても路面の温度が0℃近くになり、路面は凍結し始めます。凍りはじめや融けはじめの路面はとてもすべりやすく、誤って転倒するとケガをするだけでなく、命に危険だってあるかもしれません。

乾いて見える道でも、風の吹き抜ける場所・川にかかった橋・ビルの陰などは、地面からの熱が伝わらなかったり、日差しが届かなかったり、他の場所より路面温度が低く、一度凍結するとなかなか乾かずにずっと凍結していることもあります。自転車に乗れないと、いつもよりも早く出かけないといけないし、公共交通機関を使うと運賃もかかってしまうから、まぁ大丈夫だろうと自転車で出かけたい気持ちもわかります。ただ近くに危険な道ある場合は、天気予報をチェックして安全を確認してからの乗車をおすすめします。


Language

2021年2月
« 1月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728