本文へ
技能実習生向けポータルサイト
ロゴ トップページにリンクします

お肌の花粉症



今年は暖冬の影響で、すでに花粉による体調不良を感じている方も多いようです。花粉症の代表的な症状といえば、くしゃみ・鼻水・鼻づまり・目のかゆみですが、花粉が原因で皮膚のかゆみや赤み、熱っぽさなどの症状が現れることがあります。この症状を「花粉皮膚炎(かふんひふえん)」といいます。

肌には

  • 肌内部の水分の蒸発を防ぐ
  • 外的刺激から体を守る

といったバリア機能があり、これが十分に働いてれば花粉が皮膚についても大きな刺激にはなりません。ですが、この機能が低下してしまうと外部からの刺激に弱くなり、花粉が肌に侵入しやすくアレルギー反応が起こり、肌荒れなどの症状が現れてしまうのです。バリア機能が低下する原因のひとつは「肌の乾燥」。肌から潤いが失われると、肌の表面の細胞同士にすき間ができてバリア機能が低下します。花粉が原因となる肌荒れは塗り薬や飲み薬で治せますので、症状がひどくなる前に医療機関を受診しましょう。また、そうなる前の対策として、洗顔の時にこすったりタオルでゴシゴシ拭いたりして皮膚に刺激を与えないこと、化粧水・乳液・クリームなどでしっかりと保湿ケアを行って、バリア機能の低下を防ぎましょう。また、生活習慣が乱れは肌にも影響がでてしまうので、十分な睡眠・バランスのよい食事・適度な運動などにも気を配って、これから本番を迎える花粉の季節を乗り切れますように!


Language

2024年4月
« 3月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  

アーカイブ