本文へ
技能実習生向けポータルサイト
ロゴ トップページにリンクします

春の天候と体調 ②



前回に続き春の気候と体調不良の関係をまとめていきます。

今回は主に気圧の変化に伴う体調の変化です。実は気圧も体調に大きな影響を与え、時に日常生活のうえで支障をきたすこともあります。

例えば、晴れの日は高気圧に、雨の日は低気圧になります。ですから、春の変わりやすい気候により、低気圧と高気圧の日を繰り返している状態になります。
基本的に、気圧が「高い→低い」のパターンで体調を崩しやすくなります。
なぜ気圧の変化で体調を崩すかというと、気圧は自律神経のはたらきを左右するからです。変化が激しいと自律神経が乱れてしまい、以下の症状がでます。


  • 倦怠感、だるさ、眠気
  • めまい
  • 耳鳴り
  • 頭痛
  • 関節痛
  • 古傷の痛み

もし体調を崩してしまった時は、


  • 深呼吸
  • 首や背中をあたためる
  • ストレッチをする

などで改善できるそうです!試してみて、自分に合う方法を見つけましょう。
春は暖かく心地よい季節ですが、油断は大敵です。しっかりと準備をして迎えましょう!


Language

2020年9月
« 8月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930