本文へ
技能実習生向けポータルサイト
ロゴ トップページにリンクします

ペットボトル症候群



熱中症や脱水症、暑くなると水分補給がとても大切です。たくさん汗をかいたあとは、スポーツ系の飲料や甘みのある清涼飲料水を選ぶことも多いかと思います。ですが、これらの飲料を飲みすぎると「ペットボトル症候群」を起こす危険があります。


ペットボトル症候群とは

糖分が入ったペットボトル入りの飲料をたくさん飲んでおきた症状だったためそう呼ばれていますが、すべてのペットボトル入の飲料が原因となるわけではありません。糖分が含まれている飲料を大量に摂取すると、血糖値が上昇してさらに喉が乾き、尿の量が増えて、カラダがだるくなったり腹痛や嘔吐といった症状が現れ、ひどくなると意識が低下し昏睡状態になってしまうことも。炭酸飲料・スポーツ飲料・ジュース・缶コーヒーなどに含まれるブドウ糖は体内への吸収が早く血糖値が急上昇しやすいため、飲みすぎには注意が必要なのです。

もちろん糖分の入った飲料を飲んではいけない、というわけではありません。水分補給を目的としているときには、糖分の含まれない「水」やノンカフェインの「お茶」などをとるようにして、コーヒーやジュースなどは嗜好品として、がぶ飲みせずに適量を楽しむようにするとよいですね。


Language

2024年6月
« 5月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

アーカイブ