本文へ
技能実習生向けポータルサイト
ロゴ トップページにリンクします

〈工芸生〉日本の味・みそ汁がコンビニで手軽に飲める!



海外では“MISO SOUP”と呼ばれ親しまれている日本の国民食「みそ汁」。私の家では、夏以外の季節はほぼ毎回夕食に出てきています。それくらい日本人にとって身近な食べ物なのかなと思います。特に冬は温かいみそ汁が体を温めてくれます。さらに、みそは発酵食品なので健康に良く、風邪の予防などにも効果的ですよ。そんなみそ汁の良さを、日本でお仕事に励んでいる皆さんに知ってほしい!と思ったので、今回は日本一店舗数の多いコンビニ、セブンイレブンで買えるみそ汁をご紹介します。

カップみそ汁<あさり>(税込138円)

売り場はカップラーメンが置いてある棚のとなりや側面にあることがほとんどだと思います。カップタイプで、熱湯を用意すれば食べられるみそ汁です。具はシンプルな「海苔」や「長ねぎ」から、豚肉やニンジンなどの具材がたっぷり入った「豚汁」まで、私が買った店舗では9種類のみそ汁が売っていました。シンプルな具材のものは100円から、高くても150円あればどのみそ汁も買うことができます。初めて買う方は「海苔」がおすすめです。みその風味をそのまま楽しめます。私自身、市販のみそ汁を買うことは久しぶりで何を紹介しようか迷ったのですが、<あさり>を紹介することに決めました。私が小さい頃からの好物というのも理由の一つですが、最大のおすすめポイントは殻つきのあさりが入っているところです。それでは、さっそく作っていきましょう。



  • 1 透明のフィルムをはがし、「調理みそ」と「具(あさり)」を開けてカップに入れます


  • 2 熱湯を用意します。カップの内側に線があるので、そこまで熱湯を注ぎます


  • 3 かき混ぜてみそを溶かしたら、完成!

寒い季節にしみる味で、おいしかったです。みそには白みそ、赤みそなどいろんな種類があり、地域によって違うみそを使いますが、セブンイレブンのみそ汁は、米みそを使用していました。また、あさりは殻つきのまま5つ入っていて、お得感もあります。あさりは加熱殺菌をして真空パックに入っているので、なんと約6か月も保存できるようです。熱湯の量によって濃い味、薄い味を調節できるのでお好みに合わせてお湯の量を調節してみてください。みそ汁はカロリーが低いので夜中にお腹が空いてしまった時にもおすすめですよ(あさりのみそ汁一杯:33kcaL)。

寿司や天ぷらは言わずと知れた日本食ですが、家庭の味である「みそ汁」の手軽なおいしさを試してみてはいかがでしょうか?


Language

2021年5月
« 4月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31