本文へ
技能実習生向けポータルサイト
ロゴ トップページにリンクします

〈工芸生〉忙しい朝でも簡単!ヘアアレンジ!



朝の女性は身だしなみを整えるのが大変だと思います。特に髪形はアレンジが思いつかずにそのままの髪形にすることが多いのではないでしょうか?
今回は忙しい朝でもひと手間だけで簡単にイメージチェンジできるヘアアレンジをご紹介します。少し髪形を変えるだけで印象も気分もガラッと変わります!
ヘアピンやヘアゴムがあればできるので、ぜひ参考にしてみてください。
時間に余裕のある方やおしゃれをしたい方はみつあみにも挑戦してみることをお勧めします!

ミディアムのアレンジ

ミディアムヘアはうまいヘアアレンジが思いつかなかったり、調べても難しいものが多かったりします。簡単にできそうなものに絞り、ひとつの案を出したのでご覧ください!
ミディアムより長いかも……?という方はこの後のロングヘアのほうもご覧ください。

ハーフアップにした後に、上の図のように団子状にして結ぶだけでお団子ヘアができます! 全ての髪を上げてお団子にしようとすると、後れ毛の扱いに困ってしまうと思うのでハーフアップがお勧めです。お団子の位置・飾りゴムの種類を変えてみるだけで印象が変わります。飾りゴムは100円ショップでもたくさんの種類があるのでお店を覗いてみてください。

 

ロングヘアのアレンジ

ロングヘアはインターネットで調べると色々なアレンジや髪型が出てきます。しかし、それらは髪を巻くコテなどの準備が面倒だと思います。
なので今回は自分の手だけでできるひとつ結びとみつあみのみに絞って紹介していきます。みつあみの仕方は記事の最後にありますので参考にしてみてください。

ひとつ結び+α
普通のひとつ結び(Nomal)から、高い位置のひとつ結び(High position)に変えてみてください。それだけで快活なイメージに変わります。
また、普段ひとつ結びの方はふたつ結び、ふたつ結びの人はひとつ結びにするだけでも楽にイメージチェンジできます。

みつあみ
みつあみをするだけでおしゃれな雰囲気になりますし、少し難しいですがあみこみをしてみつあみをすると凝ったアレンジになります。
反対にあみこみをして後は普通のひとつ結びにすると同じみつあみでも違った雰囲気になります。
ふたつ結びにも応用できるので少しレトロにおさげのみつあみなどもできます。

 

ショートヘアでもイメージチェンジ!

髪の毛が短いとアレンジができない……?いえ、そんなことはありません! ショートヘアでも前髪のアレンジならば簡単に、ヘアアイロンやヘアスプレーを使わずともイメージを変えることができます。少し前髪が長めの人はアレンジしやすいかもしれません。

分け方を変える
最も簡単にイメージチェンジできるのは前髪の分け方を変える方法です。画像は真ん中分けのみですが、左分けや右分けにしてみたりいつもと反対に分けたり。分けた髪をヘアピンで留めてもイメージが変わります。

ポンパドール
ポップなイメージにするならポンパドールがお勧めです。前髪が上にあがるので作業などをする際にも邪魔にならずに便利!
やり方は、はじめに前髪を束ねて上に上げてから、小さいゴムで結びます。
次に束ねた前髪をつむじの方へ持っていき、ピンで留めます。
このときにピンも飾りのついたピンを使ったりすると簡単にイメージチェンジできます。

みつあみ(前髪・サイドの髪が長めの方推奨)
主にサイドの髪を束ね、みつあみにして七三分けのように反対に持っていってピンで留めます。このとき、前髪は巻き込むか反対に持っていくときにその裏に来るようにします。

 

みつあみの編み方

ヘアアレンジ特集はここまでですが、みつあみをほとんどやったことがない。やり方を忘れてしまった・自信がないという方がいるのではないかと思います。
そこでみつあみの方法もこの記事に載せておこうと思います。

① 髪の束を3つに分けます。

② 分けた髪の左右どちらかの髪を真ん中にもって行きます。真ん中にあった髪は持ってきた髪の方に寄せます。 このとき髪の重ね方はどちらか一方向にします。(画像では常に上に重ねるように結っています)

③ 次に反対の髪を真ん中にもって行きます。真ん中にあった髪は先ほどと同じように持ってきた髪の方向に寄せます。

④ また②に戻り、端に来た髪を真ん中に割り込ませていきます。

⑤ これをひたすらに繰り返していきます。

⑥ ①~⑤を繰り返していくとこのようにみつあみになります。
色分けをすると髪は画像のような感じになっています。

みつあみは多少時間がかかりますが、慣れると素早くできるようになると思います。 この記事で忙しい朝やちょっとしたヘアアレンジをしたいときにイメージをガラッと変えるきっかけができると幸いです。
他にも凝ったヘアアレンジをしてみたい方はインターネットで調べるととてもたくさんのアイデアが出てくるので、興味のある方は調べてみてください。


Language

2019年2月
« 1月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728