本文へ
技能実習生向けポータルサイト
ロゴ トップページにリンクします

日本各地の銘菓:奈良県



今回は近畿地方にある奈良(なら)県の銘菓をご紹介します。


きみごろも

卵の白身を泡立ててメレンゲにし、黄身を衣にして焼き上げた和菓子です。明治時代から作られているため歴史が長く、お店も戦国時代の街並みが残るご当地感があります。厚揚げ(あつあげ)のような見た目ですが、中身はふわふわでマシュマロのような他にはない食感と卵の優しい味がとてもマッチするそうですよ。


吉野懐古(よしのかいこ)

奈良県の桜が有名な吉野という地域で生まれた葛(くず)と高級砂糖である和三盆(わさんぼん)を使った和菓子です。口に入れた瞬間とろけて砂糖と葛(くず)の優しい香りがし、お茶と合わせやすい昔ながらの味がします。

奈良県は、昔ながらの日本の伝統や歴史が残る地域が多くあるので、生まれた銘菓も多くあります。気になる方はぜひ調べてみてはいかがでしょうか。


Language

2022年1月
« 12月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

最近の投稿