本文へ
技能実習生向けポータルサイト
ロゴ トップページにリンクします

会話に出てくる簡単なことわざ「虫編」



さて、『簡単なことわざ』3回目は「虫編」をおとどけします。


  • 蓼食う虫も好き好き(たでくうむしもすきずき)
    タデという辛い葉を食べる虫もいるように、人の好みはさまざまであるということ

  • 飛んで火に入る夏の虫(とんでひにいるなつのむし)
    明るさにつられ火をめがけて飛んでくる夏の虫のように、自分から危険なところに飛び込み災難を招くこと

  • 虫が知らせる(むしがしらせる)
    あまりよくないことがやがて起こるということをなんとなく心に感じる。悪い予感がする。

  • 虫が好かない(むしがすかない)
    なんとなく気にくわないこと

  • 虫の居所が悪い(むしのいどころがわるい)
    機嫌が悪く、ちょっとしたことでも怒りだす様子

  • 泣き面に蜂(なきつらにはち)
    泣いている顔をさらに蜂が刺す。不運や不幸がかさなることのたとえ

過去の関連記事はこちら
会話に出てくる簡単なことわざ「魚介編」 https://tkg-rice.com/event/life/202010-018
会話に出てくる簡単なことわざ「動物編」 https://tkg-rice.com/culture/study/202009-025


Language

2022年12月
« 11月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031